BREAK TIME

make your break more fun

【深い】ゴールデンボンバーが売れ続ける理由が話題「判断は全てファン基準」

【深い】ゴールデンボンバーが売れ続ける理由が話題「判断は全てファン基準」

平成を忘れないbot さんのツイート

ゴールデンボンバー は鬼龍院翔、喜矢武(喜屋武)豊、歌広場淳、樽美酒研二の4人からなるヴィジュアル系エアーバンド。euclid agency所属。略称は金爆(きんばく)。
全ての曲の作詞・作曲はヴォーカルの鬼龍院翔が手掛け、編曲は鬼龍院翔と事務所の先輩でありバンドeversetのギタリスト・tatsuoと共同作業である。

2019年4月1日発表の新元号に合わせ、「新元号ソング」を どこよりも早く制作・発表・発売すべく、制作の模様を生配信。同年4月26日より、ゴールデンボンバー全国ツアー2019 「地方民について本気出して考えてみた~4年以上行ってない県ツアー~」を開催し、11月16日には、沖ノ島という無人島で無観客ライブを行い、その様子を全国へ生配信した。

12月28日には、ニューアルバム「もう紅白に出してくれない」 をリリース。

2020年8月1日に、初の”有料”無観客ライブ 「去年の無人島より100倍マシ ~電気があるって素晴らしい~」 を開催する。全国ツアー2020「楽器を弾いたらサヨウナラ」 は2021年に開催予定。

ゴールデンボンバーオフィシャルサイト

[ad3]

このツイートへの反応

ネット上のコメント

誠実さを感じる

バンドマンに限らずあらゆる企業にいえることじゃないかな。出来そうで出来ないから出来てる人はファンがつくんだよね。

これだから金爆は永遠に爆発してくれる
令和よ

鬼龍院さんのすごさを分かってない人多すぎ

Gackt様に愛されるだけの理由がちゃんとあるんだな

[ad4]

ファンの為に事務所に直談判なんてかっこいいわん

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top