BREAK TIME

make your break more fun

【天才】藤井聡太棋聖のすごさって・・的確すぎるたとえが話題に

【天才】藤井聡太棋聖のすごさって・・的確すぎるたとえが話題に

千尋 さんのツイート

(ふじい そうた、2002年7月19日 – )は、将棋棋士。 愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属高等学校在学中。

2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝など多くの記録を更新し、2020年の第91期棋聖戦では史上最年少となる17歳11カ月でタイトルを獲得した。

5歳であった2007年の夏、母方の祖父母から将棋の手ほどきを受けた。藤井の祖母は、3人の娘のところに生まれた孫たちに囲碁と将棋のルールを順番に教えていた(祖母自身はルールを知る程度)。藤井は瞬く間に将棋のルールを覚え、将棋を指せる祖父が相手をしたが、秋になると、祖父は藤井に歯が立たなくなった。

同年の12月、瀬戸市内の将棋教室に入会。入会時に師範から渡された、500ページ近い厚さの所司和晴『駒落ち定跡』(日本将棋連盟、ISBN 4819702092)を、まだ読み書きができない藤井は符号を頼りに読み進め、1年後には完全に理解・記憶した。

小学校3年生で第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝[7]。同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝。中学1年生で史上最年少(13歳2か月)で奨励会三段に昇段し、複数のマスコミで報じられた。

中学2年生で迎えた第59回奨励会三段リーグ戦で最終局に勝ち、14歳2か月での四段昇段=プロ入りを決め、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した(加藤一二三が1954年8月1日に14歳7か月で四段昇段)。

小学2年の頃、2010年の将棋の日イベントで憧憬を抱いていた谷川浩司に、二枚落ちで指導対局を受けた。谷川の玉が入玉模様となり、谷川の勝勢となったため、谷川は引き分けを提案した。すると藤井は猛烈に泣き始めて将棋盤から離れなくなってしまい、ちょうど居合わせた棋士の杉本昌隆(後に藤井の師匠となる)が取り成しても効果がなく、母親が飛んできてようやく収まった。

8年後の2018年、既にプロ七段になっていた藤井は、この時の心境について「子ども心にまだ勝てるチャンスがあると思っていたのか、泣きだしてしまった。悔しいという気持ちをうまくコントロールできなかった。」と語っている]。2019年9月1日、王将戦2次予選決勝で谷川とプロになってから初めて対局し、57手で勝利した。

藤井 聡太 – wikipedia

[ad3]

このツイートへの反応

ネット上のコメント

センス良すぎてすこ

いや、わかりやす

凄まじいな…

うまいたとえ

久しぶりに質の高いものを見れた。感謝。

[ad4]

かっこいいわん

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top