BREAK TIME

make your break more fun

【感動】道路横断を手伝ってもらったナマケモノ、別れ際の行動が話題に

【感動】道路横断を手伝ってもらったナマケモノ、別れ際の行動が話題に

最多情報局 さんのツイート


ミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科が現生し、他にいくつかの絶滅科がある。

そのゆっくりとした動作から「怠け者」という呼び名がついた。英語名の Sloth も同じく、怠惰やものぐさを意味する。体長は約41-74センチメートル。四肢は長く、前肢のほうが後肢より長く発達している。長い鉤爪を持ち、これを木の枝に引っ掛けてぶら下がっている。

ミユビナマケモノ科は地上での動作は遅いが、泳ぎは上手である。これは生息地のアマゾン近辺では雨季と乾季があり、雨季には生息地が洪水にさらされることもしばしばあるため、泳ぐ技術を身につけていない個体は生存できないからである。ただしフタユビ科は泳ぐ時に頭が水上に出ないため泳げない。

ナマケモノ – wikipedia

このツイートへの反応


ネット上のコメント

最後にセンキューって握手するとこかわいい

なんかもう感動で言葉にならない・・😭

ホンワカ🤗優しい男性ですね。

野生の動物を保護するのにも配慮が必要なのですね

野生のナマケモノ!
凄いな!
遭遇してみたい♪

やさしいおじさんかっこいいにゃ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top