BREAK TIME

make your break more fun

【!】チンパンジーの映像記憶能力にネット騒然「完全敗北」「全部あってる‥」

【!】チンパンジーの映像記憶能力にネット騒然「完全敗北」「全部あってる‥」

最多情報局 さんのツイート

日本語におけるサル(猿)とは、通俗的な意味ではサル目(霊長目)のうち、ヒト(古人類を含む)を除いたもののことである。ただし、生物学的観点から見ればヒトもまた「サル」の一種に他ならない。 日本の歴史的文献においては、単に猿といえば日本固有種のニホンザルを指す場合が多い。

一方、英語のmonkeyや、いくつかの言語での相当する語は、学術的な定義上はオナガザル科(旧世界猿、old world monkey)と広鼻猿(新世界猿、new world monkey)の総称である。つまり、サルのうち原猿(曲鼻猿とメガネザル)と類人猿を含まない(メガネザルは分類学上の地位が不安定だが、それとは関係なくmonkeyには含めない)。

ヨーロッパ近辺にはほとんどサルはいないので、伝承等に姿を見せることは少ないが、それ以外の世界では、さまざまな関わりを持つ。

知能が高いことから利口で勇敢な、あるいは狡猾なイメージが付随する。前者の例は孫悟空やハヌマーンが有名である。後者の例としては、さるかに合戦のサルが挙げられる。また、伝承ではサルはヒトのまねをするものとされている。日本語では無闇に他人の真似をすることを「猿真似」と言い、英語でも不恰好な模倣を”ape”と表現する。

サル – wikipedia

このツイートへの反応


ネット上のコメント

私、かないません!

覚えるの早すぎ、むり

何で数字わかんねん

数字わかるのすごい..

強いwww

どうしてできるのかにゃ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top