BREAK TIME

make your break more fun

【感動】おじさんに助けてもらったナマケモノ 「バイバイ!」って言われた時の行動が素敵

【感動】おじさんに助けてもらったナマケモノ 「バイバイ!」って言われた時の行動が素敵

WILDLIFE NEWS : Fujiwara Koichi いきものニュース · 藤原幸一 さんのツイート

ミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科が現生し、他にいくつかの絶滅科がある。

そのゆっくりとした動作から「怠け者」という呼び名がついた。英語名の Sloth も同じく、怠惰やものぐさを意味する。体長は約41-74センチメートル。四肢は長く、前肢のほうが後肢より長く発達している。長い鉤爪を持ち、これを木の枝に引っ掛けてぶら下がっている。

ミユビナマケモノ科は地上での動作は遅いが、泳ぎは上手である。これは生息地のアマゾン近辺では雨季と乾季があり、雨季には生息地が洪水にさらされることもしばしばあるため、泳ぐ技術を身につけていない個体は生存できないからである。ただしフタユビ科は泳ぐ時に頭が水上に出ないため泳げない。

16世紀にヨーロッパに初めて紹介された当初は、餌を全く摂らず、風から栄養を摂取する動物だと考えられていた。しかし実際には1日に8gほどの植物を摂取している。外気に合わせて体温を変化させることにより代謝を抑えている。つまり、現生哺乳類では珍しい変温動物である。このことや前述のように行動も遅いため基礎代謝量が非常に低く、ごく少量の食物摂取でも生命活動が可能となっている。なおよく似た生態・体重であるコアラは恒温動物であり、その日当たり摂食量は500g以上とナマケモノより桁違いに多い。
ナマケモノ – wikipedia

このツイートへの反応


ネット上のコメント

ニッコリ笑ってた。

ナマケモノくんも、手を振ろうとしてるように見えた😊

「ありがとう!バイバイ」

あったかい・・・

感動して泣いちゃった、、、
(´;ω;`)

やさしいおじさん、かっこいいわん

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top